株式会社フーリエ採用情報 FOURIER
RECRUITING

ENTRY

代表メッセージ

MESSAGE

土屋 慎司

株式会社フーリエ 代表取締役

多様性を受け入れ、
いつもニュートラルに。

土屋 慎司(代表取締役)

起業の経緯

フーリエは、2005年、私が20代の学生のときにクラスメイトと創業。様々な業種のウェブサイト構築やシステム開発に携わってきました。

自分自身、何が正解か分からないままに試行錯誤しながらここまで進んできて、これまでを振り返ると、「人」との縁に恵まれていたと改めて感じます。悩んだり、歩みが止まったりしたとき、たまたま出会った様々な方とのご縁がきっかけでヒントを得たり、先に進める勇気をもらったり…。業界は関係なく、固定概念にとらわれず、常にニュートラルな状態にいることで、見えてくるものがあります。そして様々なことに対して柔軟性を持って対応していくこと。それが、私自身が実感した仕事の流儀かな…と思います。

また、今は、コロナ禍でリモートを余儀なくされてはいますが、実は当社では、2年ほど前からリモートワークはあたためていた働き方。試す機会をうかがっていたところでした。実装してみたことで見えてきた課題も多く、まだまだ改善したり、効率を追求したりしながら、トライ&エラーで成果を上げているところです。

働く上で大切にしていること

私自身、特に大切にしているのは、偏った思考やこだわりをなくし「誠実」であること、そして頭で考えているだけでなく「活発」に行動できること、自分の得意分野を持ち寄って「共創」すること。

フーリエで働くスタッフたちはもちろん、これから一緒に関わっていく方には、この部分を理解してもらい、共有していきたいと思います。その前提として、やるべきことをやり、結果を残せないと意味がありません。これらのフーリエのベクトルに共感していただける人に、ぜひ仲間になってもらいたいと考えています。

働く環境に対する考え方

自分で会社をはじめ、家庭を持ち、子どもが出来て、改めてプライベートと仕事とのバランスの大切さを、身を持って実感しました。そんな経緯もあって男性も女性も関係なく、子育てしながらでも働ける環境をつくっていきたいと思っています。

もちろん独身を謳歌したい、20代でバリバリ稼ぎたいなど、価値観や生き方は人によって様々。できる限り個人の環境を尊重する。そして、フーリエで働く人には、お互いに異なる価値観や多様性を受け入れ、その生き方を認め合いながら、ともにプロジェクトを遂行してほしいと願っています。