株式会社フーリエ採用情報 FOURIER
RECRUITING

ENTRY

INTERVIEW

深津 梓

2011年入社。プロジェクトを監督・指揮・管理する責任者。

Web事業部マネージャーとして、
会社を成長させるために。

深津 梓(ディレクター)

プロジェクトを成功へ導く指南役として、
様々な仕事にチャレンジしていく。

担当している仕事について

東京支店を拠点として、ディレクション業務に携わっています。お客様の要望を聞いてプロジェクトの予算管理、人員管理、進行管理、品質管理をしています。簡単に説明するとプロジェクトを成功へ導く指南役です。

また最近では、メンバーの育成にも力を入れています。会社を成長させるためには、人の成長も不可欠だと考えています。

フーリエの仕事は、Webサイトの企画制作やシステム開発、プロモーションなど内容も多種多様。年間を通してレギュラーの仕事もありますが、新しい仕事も多く、毎回様々な仕事にチャレンジできるのが特長です。

フーリエに入社した経緯

美容師や洋服販売員、大手メーカーのサーバエンジニア、そして現職という異色の職歴だと思います(笑)。サーバエンジニア時代に副業として始めたアパレルのECサイトや、音楽関係のポータルサイトの制作をフーリエに依頼したのがきっかけで社長と知り合い、創業間もないこの会社に就職することになりました。

プロジェクトを成功へ導く指南役として、様々な仕事にチャレンジしていく。

好奇心とコミュニケーション能力を伸ばし、
目標とされるディレクターに。

自分の性格と、フーリエに入社して変わったこと

性格は、神経質で心配性、そして凝り性です。興味を持つととことんまで深堀りしたくなる性格。その一方で飽きっぽい部分もあります。フーリエでは、前述のとおり次から次へと新しい仕事にチャレンジできる環境のため、飽き性の自分にはとても向いていると思います。

そして新しい分野は学ぶことも多く、新しい知識や経験が、自分をどんどん成長させてくれることを体感できるのも魅力。おかげで今はどんな仕事が来ても動じなくなり、むしろワクワクして楽しめるようになりました。プレッシャーにも強くなりましたね。

フーリエのディレクターに向いている人とは

まず責任感があって素直な人。技術もどんどん新しくなっていく業界なので、好奇心を持って自分で学んだり新しいことにチャレンジできる人がディレクターに向いていると思います。

また、プロジェクトにはトラブルがつきもの。課題には誠実に対処しながら、メンバーと連携・協力して課題をクリアしていくためのチームワーク力やコミュニケーション能力がが求められます。

私自身、入社当初はロールモデルがいて、その人を目標に仕事に取り組んでいました。今は自分がメンバーを育てる立場。目標は高いほど成長できると思うので、モデルとなってもらえるように自分自身も一緒に成長していきたいですね。

好奇心とコミュニケーション能力を伸ばし、目標とされるディレクターに。

変化を楽しめる人たちが集まることで、
もっとおもしろい会社になる。

今、そしてこれからのフーリエについて

自分の入社時と比べると、プロジェクトは多種多様になり、また規模も大きくなっています。小さい規模の案件でもコツコツ成果を出してきた実績があっての今ですが、会社の成長とともに自分自身も成長させてもらったと思っています。

そして、今のフーリエは、企画・設計、デザイン、システム開発、サーバインフラの分野でそれぞれのプロフェッショナルがいるので、どんなに難しい仕事が来ても安心してメンバーに相談できる体制が整ってきています。そのため、社内のメンバーだけで新たなサービスを生み出すことも可能です。
さらに、今のメンバーにはない強みや個性を持った人材が集まることで、おもしろそうな事に全力でチャレンジできる会社になっていくと思います。

変化を楽しめる人たちが集まることで、もっとおもしろい会社になる。

PRIVATE

今は都内在住ですが、浜松生まれの浜松育ち。好きなものはファッション、美術館巡り、バイクツーリング、ポートレート撮影です。

仕事で凝り固まった頭を整理する時間を作るため、最近大型バイクの免許を取りました。バイクに乗っているときはイヤでも周囲の状況に気を配ったり、ダイレクトに風を感じたりするので、思考がクリアになってリフレッシュできますね。バイク好きな社員たちと「フーリエバイク部」を立ち上げ、ときどきツーリングを楽しんでいます。社内チャットにバイク部のチャンネルを作って、ツーリングプランなど活発に情報交換したりしているんですよ。

仕事で凝り固まった頭をバイクツーリングでリフレッシュ

Web事業部マネージャーとして、会社を成長させるために。