株式会社フーリエ採用情報 FOURIER
RECRUITING

ENTRY

INTERVIEW

鈴木 千裕

2011年入社。Webデザインとコーディングを主とするフロントエンド業務全般を担当。

成長の指標は、
会社にとって価値のある自分になること。

鈴木 千裕(デザイナー)

フーリエは、会社として
大きく進化しているなと感じます。

フーリエに入社した経緯や会社の変化について

大学の卒業生の紹介でフーリエを知りました。学部4年生のときからアルバイトを始め、卒業後そのまま入社したという流れです。社会人経験がほとんどなかった私にとって、フーリエはただの「会社」ではなく「社会」そのもののイメージです。

アルバイトとして入社した当初、会社はまだ立ち上がったばかりで社員は3人程度。1つのプロジェクトを全員で進めていました。私は知識も経験も乏しく即戦力になれませんでしたが、それぞれの仕事があるため上司に付き切りで指導いただくわけにはいかず、わからないことは自分で調べながらなんとかこなしていました。ここ数年で社員が増え、大手企業との大規模なプロジェクトも受けるようになりました。フーリエは会社として大きく進化しているなと感じます。

フーリエは、会社として大きく進化しているなと感じます。

自分自身も
どんどんアップデートしていきたい。

会社とともに自分はどう変わったか

アルバイト期間を含めると、現社員の中では私が一番長くフーリエで働いていることになります。「気心知れた社員」として親しまれる反面、初期のイメージからなかなか脱却できないことが悩みです。自己主張が苦手な私は、人前に出ることに消極的でした。

働き始めは依頼を迅速かつ正確にこなすことだけを意識していましたが、今はクライアントの声に耳を傾け、より効果的なデザインを提案することが目標です。そのために、プロジェクトチームやクライアントとの打ち合わせにできるだけ参加したいと考えています。内気な性格は変わりませんが、クライアントと直接向き合うことで、この人の期待に応えたい。もっと高いレベルの提案をしたいと熱意を持って取り組むようになりました。

また、この業界は新しい情報や技術が次々と出てくるので、自分自身もどんどんアップデートしなければならないと常に感じています。

自分自身もどんどんアップデートしていきたい。

会社と自分の次のステージのために
トライアンドエラーで進んでいく。

これからのこと、課題について

フレックスタイムやリモートワークなど、フーリエはさまざまな働き方を受け入れる制度を導入しています。たとえば結婚や出産を機に生活が大きく変わることがあっても、働き続けたいという意思があれば、この会社はどこかで折り合いをつけてくれるだろうと楽観的に考えています。

そのために、この会社にとって価値のある自分になりたいです。
デザインにおいては、クライアントの「らしさ」を活かした提案をすることが課題です。基本的にクライアントとのやりとりはディレクターが担当していますが、私も打ち合わせに参加し、クライアントの要望と背景を理解するよう努めます。優れた技術や新しいコンテンツに触れ、デザインのひきだしを増やすことも必要です。

また、昨年から後輩の教育という新たな課題が加わりました。私が入社した頃はデザイナーやコーダーのロールモデルがいなかったため、自力で解決しなければいけなかった反面、自分のペースで仕事を進めることができました。今は、人に教えることはもとより、作業を共同で行うことの難しさを痛感しています。
指示が細かすぎると自分で考えなくなってしまうし、大まかすぎると意図が伝わらない。もういいや、自分でやっちゃおう…と指示を諦めて抱え込んでしまったこともあります。人を育てることは当然責任もありますし、コミュニケーション力も必要です。これは、成長過程にあるこの会社と自分自身が次のステージへ進むために大切なこと。トライアンドエラーでがんばっていきたいです。

会社と自分の次のステージのためにトライアンドエラーで進んでいく。

成長の指標は、会社にとって価値のある自分になること。